<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

キヌカは、1Lで80㎡も塗れます。   

主剤100%で、粘性が少ないキヌカは1Lで約80㎡も塗布が出来ます。

(基準=ナラ材 ・材質や環境条件により塗布面積は異なります。)

c0209866_191538100.jpg






一般的なペンキ等の塗料は、塗ると蒸発してしまう溶剤が

約60~約85%含まれています。

一般的な塗料は、着色する主剤の約15%~約40%しか塗る事が出来ません。

1Lの容量でも、実際に塗れるのは主剤部分の、約0.15L~約0.4Lとなります。

自然塗料でも、溶剤を含むものも多くあります。


主剤100%で粘性の少ないキヌカは、

ノビが良く広い面積が塗れる大変塗りやすい塗料なのです。

なので1Lで約80㎡(約48畳)塗れるキヌカはとっても経済的です。

また、溶剤を含まないキヌカは、無臭で開封後も固まる事はありません。

*1Lで約80㎡(基準=ナラ材)
  材種・加工方法・木のクセ等により、塗れる面積は異なります。
  
  例・フローリング等に良く利用される 杉材はキヌカの吸い込みの良い材種ですので
    約60㎡~70㎡位が目安となります。
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-18 19:11 | キヌカの特徴

キヌカの名前の由来   

キヌカは、その名の通り

木(キ)+糠(ヌカ)・・・・・木に塗るヌカ

絹(キヌ)+化(カ)・・・・・木が絹のようなしっとりとした仕上がりに化ける

という意味から名付けられました。


c0209866_915443.jpg


キヌカを塗ると、木肌に浸み込みしっとりと仕上がりになることから、

木の化粧品(ウッドファンデーション)なんて呼ばれたりもします。




これがキヌカの原料である 米糠です。
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-17 22:38 | キヌカの紹介

塗料なのに・・・○○試験! ②   

キヌカは安心・安全塗料として

塗料なのに・・・

②【人肌パッチテスト】を行っています。

人肌パッチテストとは、
商品の安全性を確保するために、スキンケア商品などに配合される成分が皮膚に対する刺激性やアレルギー反応があるか調べるテスト


病院で注射する際に、注射用の蒸留水をぬると、「スースー」と肌に刺激を感じると思いますが、

キヌカの皮膚刺激はゼロ!と結果が出ています。

→人肌パッチテスト結果はこちら

★キヌカの塗布はウエスで行いますが、肌刺激がないので

素手でそのまま作業することが出来るのです。

素手で塗った後は、石鹸で水洗いでOK!
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-16 00:07 | キヌカの安全性・試験結果

塗料なのに・・・○○試験! ①   

キヌカは安心・安全塗料として

塗料なのに・・・

①【残留農薬試験】を行っています。

キヌカの原料はお米を精米した際にでるヌカなのはご存知と思いますが、

お米を作るには、一般的に農薬が使われています。

その農薬がヌカが原料のキヌカに残っていては、「赤ちゃんが舐めても安心」とは言えません。

でも、安心してください。

日本のお米作りに使用できる200種類すべての農薬成分は「未検出」と結果が出ています。

→残留農薬試験結果はこちら


昨今、海外からの輸入食材での残留農薬やお米では事故米により、食の安全を脅かされた
記憶が残っているでしょうか?


その「事故米」の不正転売先が続々と判明した2008年の夏、
ヌカが原料のキヌカは大丈夫なのか?
という心配の声を頂きましたが、輸入された「事故米」は、精米されたお米で、
ヌカは一緒に輸入されていません。

キヌカは国産のヌカを使用していますのでご安心を!



事故米とは、
日本が外国からの輸入を義務づけられている米の一部で、
食用に適さない米。水に濡れたり、基準値を超える残留農薬やカビが検出されたりしたもの。

[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-14 23:30 | キヌカの安全性・試験結果

キヌカQ&A   

キヌカ Q&A

Q:塗り方を教えてください?

c0209866_19435365.jpgA:ウエスにキヌカを浸透させて、薄く磨くように塗布してください。
  ハケ・ローラーは塗りすぎになりべたつきの原因となりますので厳禁です。
  塗りすぎた場合は直ぐに拭き取ってください。
  キヌカの使用方法をご覧下さい。

Q:キヌカはどのくらい塗れますか?

A:1Lで約80㎡塗れます。(基準=ナラ材)
  杉は、吸い込みの良い材ですので約60㎡~約70㎡です。
  材種や木のクセにより異なります。

Q:どんな木材にも使用出来ますか。

A:無垢材の無塗装品にお使い下さい。塗装前に必ず試し塗りをお奨めします。

Q:乾燥時間について教えてください?

A:キヌカの乾燥時間(指触乾燥)2時間~4時間はナラ材(基準材)での試験結果です。
  材質により乾燥時間が長くなる場合もありますので、必ず試し塗りをお奨めします。

Q:うすめて使う必要はありますか?

A:そのまま原液で使えます。

Q:メンテナンスの期間はどれくらいですか?

A:塗布後、1年~1年半に一度を目安にご使用下さい。
 汚れが目立つ場合は、キヌカを少量つけて強めに擦ってください。 
 それでもとれない場合は、サンドペーパーで表面の汚れを研磨した後にキヌカをご使用下さい。

Q:塗ってはいけない木(無垢材)はありますか?

A:脂分・灰汁などを多く含む材、水分を多く含む材は、乾燥が悪くべた付く場合があります。
  塗布前に試し塗りをおすすめいたします。

Q:臭いはありますか?

A:キヌカは無臭です。
  寒い季節や雨天時でも閉め切った部屋で塗布が出来ます。

Q:ウエスはどのように洗えばいいですか?

A:家庭用の中性洗剤で洗えます。

Q:どれくらい日持ちしますか?

A:未開封であれば通常2年です、但し開封後は半年を目安にお使い下さい。

Q:自然塗料はプラス5度cくらいで固まることがありますが、キヌカはどうですか!

A:キヌカは低温安定性に優れた自然塗料で、マイナス5度でも品質に変化はありません。
  寒い季節でも固まりづらく塗布ができます。

Q:キヌカは本当に舐めても大丈夫ですか?

A:美味しくはありませんが大丈夫です!但しあくまでも食品ではなく塗料ですのでお控え下さい。

Q:キヌカはどこで買えますか?

A:弊社で購入いただけます。日本全国 商品到着時の品代金着払いでお届けできます。
  ご注文はコチラ→自然塗料キヌカ正規販売代理店
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-07 23:03 | キヌカのQ&A

キヌカが使用できない材について   

キヌカは、無塗装の無垢材にご利用頂ける自然塗料です。

しかし、全ての無垢材に使用は出来ません。

■特にクリ材・チーク材への利用は注意が必要です。
(メーカーの案内もクリ・チークは利用を控えるように記載されています。)


その理由を簡単にご説明します。

一般的なクリ材は、タンニンという成分が多く含まれます。
そのクリ材にキヌカを塗ると極端に乾燥が遅れべた付きが残る場合があります。

チーク材は、天然の油脂分を多く含みます。
油脂分の多い材へキヌカを塗ると栗同様に極端に乾燥が遅れベタ付が残る場合が多くあります。

【原産地や加工方法・水分含有率などの条件により、ご利用が頂ける場合はありますが、 
 必ず下の注意 *1 を確認してください。】


■その他にも、木に水分を多く含む材なども注意が必要です。

例えば、無垢材の乾燥方法は、人工乾燥と自然乾燥がありますが、

自然乾燥の材で十分に乾燥が出来ていない物や、原木をそのまま加工した材等に

キヌカを使用しますとべた付きが残りますので注意してください。

*1 その他の木材も諸条件により極端に乾燥が悪いなど合わない場合がありますので、
   必ずサンプルにてお試し頂きご納得頂いた上でご使用下さい。
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-04 15:16 | キヌカの使用方法

キヌカは木目を際立たせます。   

キヌカはウエスで擦りこむ様に塗るのがポイントです。

【塗り方は、キヌカの使用方法を参考にして下さい。】

ハケや直接キヌカを木に垂らして使用すると塗りすぎとなりますので注意してください。



c0209866_2293368.jpg


左半分がキヌカを塗布しています。

杉材の木目が自然な感じにでています。

塗布面は、毛羽立つことなくしっとりとした仕上がりです。




杉材でも、もっと色が薄く仕上がる物もあれば、
少し黒っぽく仕上がるものもあります。

無垢材は、一つ一つの木の持った特徴やクセで
仕上がりが異なります。
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-03 22:15 | キヌカの特徴