タグ:SDS ( 3 ) タグの人気記事   

キヌカは無臭で安全な塗料です。   

今回は、キヌカの特徴を紹介します。

その前に、無垢材について少しだけ触れます。

無垢材は絶えず呼吸をしているのはご存知でしょうか?

c0209866_19473589.jpg
木は室内の湿度が高いときには湿気を吸収し、低いときには吐き出す調湿機能があります。それにより、室内の湿気をコントロールし結露を防ぎ快適な生活が出来ます。
また、自然な木の香りによるリラックス効果や寒い冬場でも、化学塗料でコーティングされた呼吸の出来ない床に比べ温かさを感じられる無垢の木は、安らぎを与える空間には欠かせないのです。

キヌカの特徴
●無垢材の最大の特徴を失いません。
 キヌカは、木に染み込む塗料で表面に膜を作らないので呼吸を失わず
 「木の香り」 「調湿作用」 「質感」を保てます。

●無臭です。
 溶剤を使用していないので、塗装直後でも室内に臭いが残らないので換気も不要です!

●木目が際立ちます。
 木になじみやすくしっとりと仕上がります。

●塗布面積は、1Lで80㎡。 (基準材=ナラ ウエス塗り)
 粘性が少ないので塗りやすく、一般的な自然塗料の約2倍~4倍も塗れます。

●作業性が優れている!
 家族みんなで作業しても塗りムラはほとんど起きません。
 低温時(-5℃)でも液状を保ちますので、寒い季節でも固まりません。
 

キヌカの安全性
●お米(ヌカ)から生まれた100%自然塗料!
 私たちの主食のお米が原料なのでc0209866_18484084.jpg
 「赤ちゃんが舐めても大丈夫!」

●人の肌への刺激も蒸留水並の安全性!
 そのまま素手で塗装ができます。
   (人肌パッチテスト試験済み)

●自然発火は致しません!
 塗布に使用した用具の後片付け容易です。
  
 自然発火ってご存知ですか?
 多くの植物性の自然塗料は乾燥する際に酸素と化合(酸化重合)して発熱がおき、
 発火する可能性があります。
 それがキヌカにはないので安心です。
 (注)キヌカも油の一種です。加熱すれば発火する恐れはあります。

 キヌカは無垢材の特徴を失わず裸足で暮らす日本人の生活に最適で
 「木の温もりや素材を感じる事が出来る無臭で安全な塗料」なのです。


詳細情報やキヌカの購入は正規販売代理店へ→【詳細情報はこちら
[PR]

by sds-kinuka | 2013-04-01 10:44 | キヌカの特徴

キヌカは、1Lで80㎡も塗れます。   

主剤100%で、粘性が少ないキヌカは1Lで約80㎡も塗布が出来ます。

(基準=ナラ材 ・材質や環境条件により塗布面積は異なります。)

c0209866_191538100.jpg






一般的なペンキ等の塗料は、塗ると蒸発してしまう溶剤が

約60~約85%含まれています。

一般的な塗料は、着色する主剤の約15%~約40%しか塗る事が出来ません。

1Lの容量でも、実際に塗れるのは主剤部分の、約0.15L~約0.4Lとなります。

自然塗料でも、溶剤を含むものも多くあります。


主剤100%で粘性の少ないキヌカは、

ノビが良く広い面積が塗れる大変塗りやすい塗料なのです。

なので1Lで約80㎡(約48畳)塗れるキヌカはとっても経済的です。

また、溶剤を含まないキヌカは、無臭で開封後も固まる事はありません。

*1Lで約80㎡(基準=ナラ材)
  材種・加工方法・木のクセ等により、塗れる面積は異なります。
  
  例・フローリング等に良く利用される 杉材はキヌカの吸い込みの良い材種ですので
    約60㎡~70㎡位が目安となります。
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-18 19:11 | キヌカの特徴

塗料なのに・・・○○試験! ②   

キヌカは安心・安全塗料として

塗料なのに・・・

②【人肌パッチテスト】を行っています。

人肌パッチテストとは、
商品の安全性を確保するために、スキンケア商品などに配合される成分が皮膚に対する刺激性やアレルギー反応があるか調べるテスト


病院で注射する際に、注射用の蒸留水をぬると、「スースー」と肌に刺激を感じると思いますが、

キヌカの皮膚刺激はゼロ!と結果が出ています。

→人肌パッチテスト結果はこちら

★キヌカの塗布はウエスで行いますが、肌刺激がないので

素手でそのまま作業することが出来るのです。

素手で塗った後は、石鹸で水洗いでOK!
[PR]

by sds-kinuka | 2009-10-16 00:07 | キヌカの安全性・試験結果